忍者ブログ

ララ

ToLOVEる画像漫画

ToLOVEる とらぶる に関するあれこれです





×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




ToLOVEる とらぶるのララ・サタリン・デビルークの
人物紹介をします
1、名前 :ララ・サタリン・デビルーク
英語表記:LALA
(2007ジャンプ38号14ページ参照)

2、年齢 :不詳(たぶん16歳から18歳ぐらい)

3、性別 :女性

4、職業 :
(1)私立彩南高校の1年生(1-A) (1~48話)
(2)私立彩南高校の2年生(2-A)(49話~現在まで)

5、素性 :
銀河系を束ねるというデビルーク星の 第一王女の宇宙人です
宇宙一の美しさと称えられるデビルーク王妃を母にもつ
父は、デビルーク星の王
父親が勧めるお見合い相手が気に入らず、ただいま家出して
結婚相手と一方的に定めた結城リトの家に居候中

6、身体的特徴
(1)瞳の色 :緑

(2)髪の色 :ピンク

(3)髪の毛 :
腰のあたりまであるロングヘアで、一部の髪が上に跳ねている
(通称アホ毛というらしい)

(4)スリーサイズ(60話参照)
バスト:89
ウエスト:57
ヒップ:87

(5)身長:約163cm
(詳細は、ララちゃんの身長は163cm!?を参照ください)

(6)胸が大きい

(7)尻尾 :
お尻に、先っぽがハートマークの尻尾がついている
デビルーク星の宇宙人の身体的特徴の一つで、
デビルーク星の宇宙人にだけ尻尾がついている
その他の宇宙人には、尻尾は見当たらない
シッポが生えているからといって、
満月を見て変身したりはしない
実は尻尾はとっても敏感で、
触られただけで顔を真っ赤にしてビクンとし、
尻尾をくりくりされるブルブルしてしまうほど
尻尾を触られたときのララちゃんの萌え発言が
ララ「私尻尾が特別敏感なの!
だから勝手に触っちゃダメっ!!」
というもので、とってもかわいいものであった
また、尻尾のハートマークの先から、ビームを出すことができる

7、その他の特徴
(1)運動能力が優れている
デビルーク星の宇宙人は、地球人と比較して全体的に運動能力が
優れているようで、ララも100mを10秒9で走るほどの
優れた運動能力の持ち主
他にも、将来プロ確実と自称する野球部のエース
ピッチャーから軽々とホームランを打ったり、
走り高跳びでものすごい高さまで飛んだりしている
また、「台風のバカー!!」という気合の大声で
台風の吹き飛ばしたとこともある(14話参照)
さらに、ラコスポという宇宙人を、素手で
殴り飛ばして、はるか彼方へと吹き飛ばしたこともある

(2)発明好きで、天才発明家
性能に難点があったり、多少おかしかったりするが
それでも短距離ワープが可能な発明品やら、
人格まで保有する人工知能搭載のロボット(ペケなど)
など、非常にハイテクノロジーの産物をたった一人で
開発するほどの天才発明家
王宮の生活が退屈で、自分で遊ぶためのメカ作っているうちに
趣味になる(28話参照)
6歳の頃から発明をしており、
レンを実験台にしていた
(20話参照)
ザスティンもよくララの発明の実験台にされていた。

その後、70話で数学Ⅱのテストの点数が100点である
ことが判明し、さらに銀河でも知られた天才的頭脳の
持ち主であるとわかる。
それで過去には、彼女の頭脳を兵器開発に利用しようと
考えた輩もいたぐらい。
しかし、以前の成績は、日本語が読めなくて
0点を取ったことがある
それで、数学の成績が悪いリトに勉強を教えてあげて
リトにとっても褒められた

(3)お風呂は一緒に入るのが好き
デビルーク星にいたときは、大勢の侍女と一緒にお風呂に
入っていたため、お風呂は一緒に入らないと落ち着かない
(6話参照)

(4)ペケマーク入りの大きな帽子のコスチューム姿
ペケマーク入りの羽のついた大きな帽子つきの
コスチューム姿では、その羽で飛ぶことができる
飛ぶときは羽が大きく広がる
飛ばないときは羽は小さくなっている。
この後、65話にて制服姿でも普通に飛べていたので
どのような服装でも飛ぶことができるようだ

(5)プレイステーションのゲームが好きらしい
リトの部屋で、プレイステーションのゲームらしい
ものをしており、面白いと言っている

(6)ララがリトの学校に転校してきた理由
ララがリトのいる学校にきたのは
いつもリトのそばにいたかったんだもん
だからだそうです(5話参照)

(7)ララがリトの家にいる理由を、周囲に言っている言い訳
ララがリトの家にいるのは、
遠い親戚同士だからってことになっている(5話参照)

(8)ララが宇宙人なのに学校に転入できた理由
宇宙人のララが学校に転入できたのは
エロ校長がカワイイからOKと了承したから(5話参照)

(9)ララが生まれて初めて好きになった人
ララが生まれて初めて好きになった人は、リトである
(5話参照)

(10)ララのリトへの思いいれ具合
「リトはね 宇宙で一番頼りになる人だよ
私はそう信じてる
私にはリト以上の人なんて考えられない・・・」
と春菜や、沢田、籾岡達の前で発言した。
リトもそれを聞いていて、心をかなり
揺さぶられた。
(19話参照)

(11)ララの6歳の頃の様子
6歳の頃のララは、デビルーク王宮や王宮の庭などで
レンとよく遊んでいた
それでレンをよく女装させていた
6歳の頃から、レンによると美しかった
(かわいかったの間違いだろ普通)とのこと
レンによると幼い頃のララちゃんは、
大変なイタズラ天使
毎日のようにレンを発明の実験台に
(20話参照)

(12)ララの歌える歌
リトが持ってたCDの歌で、歌詞は、
「いますぐー
おまえのー
くちびるぅーっ
うばってやーる
ぜーーっ」
という歌(23話参照)

(13)アニマル喫茶のアニマルコスプレ衣装
アニマル喫茶では、ヒョウのアニマルコスプレ
(耳、手、ムネ、パンツつきミニスカート、靴下、シッポ)
をする(24話参照)

(14)局部だけ生クリームの生クリーム女体盛り
天井院とララとのウェイトレス対決で、
局部だけ生クリームの生クリーム女体盛りのコスチューム?で
「私を食・べ・てハート」
と言って、男性から絶大な支持を得て天井院に勝利
(26話)

(15)リトの誕生日(10月16日)に花をプレゼント
プランタス星だけに咲く宇宙でもすごくレアな花
をリトの誕生日にプレゼント
その花は、高さ5m以上、ツタを自由に動かせ、
何を食べるためにあるのかわからない口と歯が
ある大きな花だ
キシャーッなどの雄たけびを上げる
(27話)

(16)コロット風邪をひいて恥じらいまくり
コロット風をひいて恥じらいまくったときは
屋上にリトと二人のとき風が吹いてパンツが見えたとき
「もう・・・リトのエッチ」
といってリトを驚愕させた
女の子らしいララにリトは好きになりかけた

(17)リトにもらったウサギの人形を大事にしている
リトにゲーセンで取ってもらったウサギの人形を
たからものいれと題する入れ物に大事に保管している

(18)天井院沙姫主催のクリスマスパーティーにド派手な衣装
天井院沙姫主催のクリスマスパーティーでは、
魅惑のイタズラな小悪魔というイメージのド派手な衣装で登場し、
最も注目を浴びる。
その衣装は、後ろにはかわいい羽がついていて、
胸元がハートマーク形に露出していて
胸の谷間が見え、長めのスカートという衣装だった。
パンツは何故かかぼちゃパンツをはいていて
このとき長い髪は、後ろで結い上げていた

(19)ノーブラ派
ララはノーブラ派で、ブラジャーをつけたがらない
彼女によると、「だってあれ(ブラ)いつも着けてると苦しいだもん」とのこと
(28話参照)

(20)クリスマスプレゼントは、ガタラク星の高価な置き物
天井院沙姫主催のクリスマスのプレゼント交換での
ララのプレゼントは、ガタラク星の高価な置き物であった
そのプレゼントは、リトが手にして、
ララは、春菜のプレゼントを手にした

(21)ザスティンからお小遣いをもらっている
ザスティンから毎月、お小遣いを手渡しで
もらっている(35話参照)

(22)宇宙人であることがばれた(46話参照)
高校1年の春菜の誕生日の3月6日に、彼女の家に
リト、ララ、沢田、籾岡、猿山らが誕生日パーティをやるため集まる
そのとき、ゲームをやってハプニングでリトがララのシッポを
さわって敏感に反応し、ララが尻尾のことを説明しようとするのを
リトがさえぎって
リト「わーっ バカ!!宇宙人だってバラす気かー!!」
と自爆して、ララが宇宙人であることがついにばれる

(23)ゼロからの私でがんばってみたい(48話参照)
ララのパパである銀河系を支配するデビルーク王のギドは、
リトを後継者=結婚相手と認めるも彼女は、
リトの気持ちを無視してまで結婚したくはないという

ララ「リト・・・私ね 何となく気付いてたんだ
私がいくら好きって言っても・・・
リトの気持ちは私に向いてないって事・・・
それでもリトは優しいし
地球の生活は楽しいから・・・
私は今のままでもいいやって思ってた
でもやっぱりダメだよね それじゃ・・・
私・・・リトを振り向かせたい!
振り向いてもらえるように努力したい」

ララ「プリンセスとか婚約者候補とかそういうナシで
もう一度・・・
ゼロからの私でがんばってみたいの」

それで、ばいばいメモリーくんを取り出して
ララに関する記憶を地球のみんなから消そうとした
そうでもしないと、ギドは言う事をきかないからだ
が、ララの発明品はうまく機能せず、みんなから
記憶が消えることはなかった
このことで、婚約者問題は白紙に戻り、
ここから再びゼロからの恋の始まりとなる

(24)正式告白(49話参照)
リト達が進級して2年生になって、登校中に
リトが誤ってララに告白した場所で、
今度はララが正式にリトに告白する
「私 リトの事が好き・・・
宇宙で一番好きです・・・
だから・・・これからはリトに振り向いてもらえるように
がんばります!!」
ということで、リトに振り向いてもらえるように努力中

(25)辛いものでも平気(63話参照)
リトが食べると口から火を吹くほどの激辛サンドイッチでも
おいしいと言って平然と食べていた

(26)身体が丈夫(72話より)
校舎の壁に突っ込んでも、叩きつけられても
まるで平気な顔をしているぐらい身体が丈夫

(27)春菜からリトが好きであることを告白された
本当の気持ちを隠したままで
それで本当の友達といえるの
という自問自答を春菜が繰り返し、
ついにリトが好きであることを春菜から告白された
それに対してララは、話してくれてありがとうと言って
二人の友情はさらに固いものとなった

8、ララの裏話について(BY 長谷見先生)
(5巻コミック26ページ参照)

(1)基本的な性格
何事にもまっすぐな素直な女の子
それが良い方向にではなく、からまわりをしがち。
ララに関しては、矢吹先生によって
大まかなデザインと性格のイメージができていた

(2)キャラとして
起こる事件に関して何でも興味を持つ
ドタバタの原因となる発明キャラ

(3)羞恥心
オープンな性格であり、
王室育ちで、
春菜との差別化をはかるため
羞恥心があまりないようになっている

8、ララについて
ToLOVEる とらぶるのメインヒロインで、
明朗活発、自由奔放、自己中心的で、
とらぶるメーカーだが、とってもカワイイ魅惑の美少女。

また、身体つきは大人だけれども、男性の前で平気で裸や
ほとんど裸に近い姿(局部だけ生クリームありの姿など)
をさらしており、未だ恥じらいを知らない
純粋無垢な女の子でもある。

いわゆる身体は、大人だけれども心は純粋無垢な子供
だから未だ恥じらいを知らないと思われる。
(裸を見せるのに動じないのは、お風呂に
大勢の侍女達といつも一緒に入ったりしているから
という説明が6話でなされてたりもする)

かかると微熱に伴い性格が全く別人に変わってしまう症状が
あらわれるコロット風をひいたときには、恥らいまくり、
ララフィーバーが発生した(一部だけか?)

それで、デビルーク星の後継者を決めるために
父親に、毎日毎日お見合いばかりさせられ、それがイヤで家出する
そして、地球(銀河系では辺境で、未発達惑星らしい)
まで逃げてきたが、
追手の二人にどっかのビルの屋上で捕まって宇宙船へと
連れ込まれて、その宇宙船が地上を飛び立つ。

その途中、宇宙船のバスルームから
ぴょんぴょんワープくんでワープする。
そしてリトの家の風呂場にワープしてくる。
ペケも宇宙船が地球の大気圏を出る前に脱出

それで、父親が勧めるお見合い相手が気に入らず、
家出して地球に来たときに偶然出会った結城リトが、

ララちゃんを助けたり、 うっかり彼女に告白したこともあり、
お見合いを強制する父親の元に帰りたくないので
利害関係が一致して、ララはリトと結婚するという。

それで、リトと結婚するから
リトの家に住んでも良いとの理屈を
こねて、極限状態下でそれをリトに認めさせる
 
そして、ララの父親の命令で彼女を連れ戻しに来た
ザスティンと、お見合いを強制する父親の元に帰りたくないと、
ララが口論しているところに、リトが
「普通の生活させろよ!!もうこれ以上好きでもねーヤツと
結婚とか・・・だから・・・もう帰ってくれ
自由にさせろよ」
(オレを)
と口論中のザスティンと、ララに向けてリトが言う。
巧妙に誤解させるような文章なため、
ザスティンもララも誤解してしまう。

それで、ララは、
「私の事好きじゃないって言いながら・・・

ホントはそこまで私の気持ち理解してくれてたんだ・・・
リトの言う通り私は・・・

自分の好きなように自由に生きたい
まだまだやりたい事たくさんあるし・・・

結婚相手だって自分で決めたい・・・
そう思ってた

私・・・リトとなら本当に結婚してもいいと思う
ううん結婚したい」

と言って、リトのことを本当に好きになって、
本当に結婚したいと思う。

という経緯があり、
結婚する予定なんで、 リトの家に居候している
PR


















この記事へのトラックバック
Copyright(c) 2006-2008 ToLOVEる画像漫画 All Rights Reserved.
忍者ブログ*[PR]