忍者ブログ

レン

ToLOVEる画像漫画

ToLOVEる とらぶる に関するあれこれです





×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




ToLOVEる とらぶるのレン・エルシ・ジュエリアの
人物紹介をします
1、名前 :レン・エルシ・ジュエリア

2、年齢 :不詳(たぶん16歳から18歳ぐらい)

3、性別 :男性

4、職業 :
(1)私立彩南高校の1年生(1-A) (1~48話)
(2)私立彩南高校の2年生(2-A以外のクラス)(49話~現在まで)

5、その他の特徴、趣味など
(1)メモルゼ星の王族のコだった(過去形?)
メモルゼ星の宇宙人で
メモルゼ星の王族のコだった(42話参照)

(2)美少年
女の子みたいなぐらい美少年である

(3)一般人の評価
美形、外国人というのが一般の評価
(20話参照)

(4)ラ ラと幼馴染
ラ ラとは幼馴染で、6歳の頃、
よく遊んでいた
(20話参照)

(5)勉強ができる
勉強ができて
女子達に教えてあげるほど
(20話参照)

(6)リトより足が速い
あのリトよりも100M走を速く走れる
(20話参照)

(7)子供の頃、女装させられていた
子供の頃、泣き虫レンちゃんと言われ、
よくラ ラに女装させられていた
(20話参照)

(8)子供の頃、ララとケッコンの約束をしている
レン「ねぇ!それじゃあさ いつかボクが男らしく
なったら ケッコンしてくれる!?」
ララ「いいよー なったらねー」
といって、ケッコンの約束をとしたらしい
(20話参照)

(9)犬を知らない
レンは何故か春菜の犬を見て
「な・・・なんだこの生物はっ!?」
と答えた
つまり、犬のことを知らない
ということは、デビルーク星や
レンの住んでいたメモルゼ星では
犬はいなかったということになる
(21話参照)

(10)地球での住まいは、宇宙船住まい
地球での住まいは、未だどこにも部屋とかを
借りておらず、宇宙船住まい
(21話参照)

(11)リトとキスをした
ラ ラをめぐるキス対決で、ハプニングで
レンとリトがキスをした(23話参照)

(12)揉まれ子の胸を揉んだ
レンに宿題を教えてもらおうと複数の女子生徒がつめかけたときに
押し合った結果、ハプニングで、揉まれ子の左胸をレンが揉んだ
(22話参照)

(13)男女変換能力がある(男:レン ⇔ 女:ルン)
メモルゼ星人のレンは、メモルゼ星人特有の能力として
あるきっかけで心も身体も完全に性別が入れ替わる
地球ではレンはくしゃみをすると
女のルンと入れ替わる

6、春菜の裏話について(BY 長谷見先生)
(6巻28ページ参照)

(1)男女変換能力
レン登場時からすでに構想していたとのこと。
現状は地球の磁場のなどの環境の影響などで
くしゃみ程度で簡単に変換してしまいます。
当初は、昼と夜とで変わるや、雷で変わるとか、
何かを食べると変わるとかあったが、結局いつでも
すぐに変われる現在の形になった。

(2)レンの性格
ある意味一途な性格ですとのこと

7、レンについて
美形、外国人というのが一般の評価で、
登場していきなり

「やっと見つけたよラ ラちゃん ボクの花嫁」
と言って、ラ ラちゃんを花嫁呼ばわりする

ラ ラとは幼馴染で、6歳頃よくララとレンは
遊んでいたのだが、ララには

「えーと・・・あなた誰?」
といわれて忘れられていた。

子供の頃は、
泣き虫レンちゃんだったらしい(ララの証言)

幼い頃のレンは、ララちゃんに女の子みたいだと
からかわれよく女の子の格好をさせられていた

そして、毎日のようにララの発明の実験台にされていた
しかし、レンはララとこんな約束をしていた

レン「ねぇ!それじゃあさ いつかボクが男らしく
なったら ケッコンしてくれる!?」

ララ「いいよー なったらねー」
といって、ケッコンの約束をしたらしい

それで、レンは、ララちゃんはリトに
だまされていると思っており、

レンは、ララの結婚相手として真にふさわしいのは
リトではなく自分であることを示したいらしい。

それで、男らしくなったらケッコンするというララとの約束も
あって彩南高校に転校してきたようだ。

そのため、ララが好きなリトに対してライバル心が旺盛
そして、レンは、

ララを振り向かせるまで地球人として
居着くつもり

しかし、ララには
全く相手にしてもらえていない

頭はかなり良く、走るのも速く、
あのリトよりも100M走を速く走れる。

いつも朝からララに過剰なまでの賛美をする
が、恥じらいララの時には嫌がられた
PR


















この記事へのトラックバック
Copyright(c) 2006-2008 ToLOVEる画像漫画 All Rights Reserved.
忍者ブログ*[PR]