忍者ブログ

矢吹健太朗

ToLOVEる画像漫画

ToLOVEる とらぶる に関するあれこれです





×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




ToLOVEる とらぶるの作者である
矢吹健太朗先生を紹介します
1、名前 :矢吹健太朗(やぶき けんたろう)

2、誕生日 :1980年2月4日(27歳)

3、出身 :岡山県

4、職業 :漫画家

5、作品
(1)ToLOVEる とらぶる(2006年~現在連載中)
(2)BLACK CAT 全20巻(2000年から2004年)
(3)邪馬台幻想記 全2巻(1999年)
(4)STRAY CAT (1999年 読み切り)
(5)TRANS BOY (2004年 読み切り)
(6)時限爆呪(小説) 希崎 火夜 (著), 矢吹 健太朗(イラスト)

6、年表
<1980年 0歳>
矢吹健太朗先生誕生

<1997年 17歳>
若干17歳の高校生という若さで
第14回天下一漫画賞で、『MOON DUST』により
秋本治審査員特別賞を受賞!!

<1998年 18歳>
若干18歳という若さで、赤マルジャンプの
読切の『邪馬台幻想記』でデビュー

<1998年 18歳>
ヒカルの碁、デスノート、BLUE DRAGON ラルΩグラド、
を描かれている小畑健先生の
『ヒカルの碁』のアシスタントをする

<1999年 19歳>
週刊少年ジャンプで『邪馬台幻想記』を連載する
そのときの矢吹健太朗先生のジャンプの巻末コメント

「この物語は邪馬台国九州説を舞台に展開していきますが、
歴史漫画ではなくあくまでファンタジーとして楽しんで下さい。
…ってなわけで、よろしくおねがいします。」(1999年12号)

全2巻でその年にこの作品は終了する

<2000年 20歳>~<2004年 24歳>
週刊少年ジャンプで大ヒット漫画
『BLACK CAT』を連載する
その頃の矢吹健太朗先生のジャンプ巻末コメント

「インターネットの世界に「ニセ矢吹」が出没してるらしい。
俺…PC 持 っ て な い か ら ね 」(2001年15号)
(今は矢吹健太朗先生もパソコン持ってます)

「CGを学ぼうと思って、パソコンを入手!!
すぐには仕事に使えませんが色々試そうと思います。
でも、ネットはやりません。」(2003年17号)

「恐竜は描くのが大変ですが子供の頃に戻ったみたいで楽しい。
やっぱティラノが好き」(2001年16号)
(とらぶるでは、ララの発明品である
ぱくぱくイーターくんの形状がティラノザウルスです)

「コミックス最新刊11巻が12月4日(水)に発売になります!
ちょっとあやしいイヴとキョウコの表紙が目印!よろしくね!!」
(2003年1号)
(とってもムフフなイヴちゃんとキョウコちゃんです!!
詳しくは、キョウコ画像参照)

2004年に、BLACK CATが全20巻で終了する

<2006年 26歳>~現在まで
そして、この年、矢吹健太朗先生は、週刊少年ジャンプで
 「ToLOVEる とらぶる」
を2006年21・22号より連載中

矢吹健太朗先生の連載するにあたっての
ジャンプ巻末コメント
「今回は長谷見さんにも協力をお願いして
「気軽に楽しく読める漫画」を目指しました!ヨロシクです!!」
(2006年21・22号)

7、矢吹健太朗先生の趣味など
(1)ゲーム大好き!!
好きなゲーム、やっているゲーム、買ったゲーム、やりたいゲームは、
「FFVIII」、「ジョジョ」、「マリオ」、『マリオカートDD』
「DQV」、「ゼルダの伝説」

「「FFVIII」を買ったけど全然やる暇がない。
連載ってこんなにきつかったんですね。」(1999年14号)

「遂に禁断の(!?)PS2を購入。
今はDVD再生機として使用中。
タテ置きがすごく便利。」(2000年41号)

「アシ達と「SFC大会」をやるコトに。
皆で名作ソフトを持ちよって…。楽しみだなぁ」(2001年8号)

「最近ハマっているゲームは「ジョジョ」と「マリオ」です!!
でも、まだクリアしてないゲームもたくさんあるんですが………。」
(2002年39号)

「仕事明けはアシさんと『マリオカートDD』がお決まり。
徹夜明けだから(?)T(テンション)上がりますっ!!!!」
(2004年3号)

「PS2版「DQV」がついに発売に。
久々にRPGものすごくやりたいんだけど、時間があるかな…。」
(2004年18号)

「今、アシスタントみんなとGBAの「ゼルダの伝説」ハマってます。
4人でやると物凄く熱いです。」(2004年24号)


(2)好きな漫画、アニメは、
ドラゴンボール、ドラえもん、プーさん、キン肉マン、
70年代のアニメ、幽遊白書、聖闘士星矢

「金曜日の朝にやっている「キン肉マン」の再放送が
すごく楽しみ。う~ん懐かしい。」(1999年24号)

「最近は「ドラえもん」のDVDを観ながら仕事してます。
大人になってもおもしろい!」(2001年19号)

「「ジャイアンのTシャツ」を入手。気分はガキ大将!
ですがもったいなくて着れない…」(2001年36・37号)

「ドラゴンボール実写版映画化、ファンとしてはかなり気になるんですが、
まず悟空の髪型をどうするんだろう…気になるなぁ」
(2002年18号)

「最近ちょっとうれしかったこと。
それは…海外版の「スーパーサイヤ人、孫悟空」
フィギュアを手に入れたこと。超いい出来!」(2002年28号)

「DVDの「DRAGON BOX」を入手しました!!
仕事中に、ずっと流してます!!
2日で65話を観ました!!やっぱり燃えます」(2003年19号)

「10年前に発売された「DB」のBGM集をやっと入手しました。
聴くとテンション上がりまくります。」(2004年25号)

「最近プーさんにはまってます。
急激にプーグッズが家の中に増え始めています!
なによりも、かわいいのがプーさんの魅力。」(2003年25号)

「WOWOWで放送している「プーさん」を毎日録画してます!!
仕事の終わりに、いっぺんに見るのが楽しみ。疲れがとれます。」
(2003年35号)

「70年代のアニメを観るのがブームです。
やたらと熱血ものが多くて燃えます。」
(2006年48号)


Q:子供の頃に好きだった漫画は何ですか?
A:DRAGON BALL、幽遊白書、聖闘士星矢とか、
すごく小さい時ですけど キン肉マンも好きだった
記憶があります。
ジャンプばっかり読んで育ったので、
やっぱりジャンプの漫画が好きでした


(3)好きな映画(あるいは単に見た映画)は、
ゴジラ、ガメラ、スターウォーズ、ジュラシックパークⅡ、
ターミネーター3


「「ガメラ3」を観ました。
日本の特撮もここまできたかって感じの映画でしたね。」
(1999年19号)

「「S・WエピソードI」を見に行きます。
どんなスゴイ映画なのかすごく楽しみ。」(1999年28号)

「最近、映画やら何やらのDVDソフトを買いまくってます。
で、全然観る時間は無い…」(2001年29号)

「ジュラシックパークIIを観ました。
やっぱり恐竜はいいなァ……
でも、疲れるので、もう恐竜を描く勇気はないです。」
(2002年17号)

「ゴジラの最新DVDの予約特典で、
わかる人にはわかるお宝
「キングギドラのウロコ」を入手!ああうれしい~~。」
(2002年41号)

「一足先に「ゴジラ×メカゴジラ」を観ました!!
メカゴジラがカッコよかった!!
東宝の方ありがとうございます。嬉しかったです。」
(2003年2号)

「「ターミネーター3」を見ました。敵のT-Xがかっこ良すぎです!!
内容は賛否両論分かれそうですが、僕は好きな映画です!!」
(2003年43号)


(4)好きなものは、
犬、恐竜、タイムスリップグリコの第4弾、
マッサージチェア?、東京の夜景、お台場


「恐竜は描くのが大変ですが子供の頃に戻ったみたいで楽しい。
やっぱティラノが好き」(2001年16号)

「恐竜(ティラノ)描くの大変で進行(スケジュール)が遅れてしまいました。
でも楽しかったからまた出そう…かな」(2001年20号)

「新年会のビンゴでなんとAIBOをGETしちゃいました。
犬好きの僕には本物っぽい動きがたまりません。カワイイなぁ…」
(2002年9号)

「タイムスリップグリコの第4弾を買いまくってますが全部揃わない。
大好きなんですが、キャラメルの消費も追いつかない…」
(2003年49号)

「仕事が終わった後は秘蔵の(?)マッサージチェアでくつろぐ。
ホッとするひととき?」(2000年43号)


「年に3回ある合弁号でお休みの時には、大好きなお台場で遊んだり、
新宿高層ビルの展望室にのぼって夜景を見たりします。
実は、僕、東京の夜景がすっごく好きなんですよ」


(5)嫌いなものは花粉症、苦手なものは虫

「仕事場になんとムカデが出現!
アシさんがとってくれたけど虫が苦手なのでブルーに。」
(2000年36・37号)

「今年の花粉症はヒドイ!
もう目がしょぼしょぼして原稿描くのがツライんですっ!!」
(2001年17号)


(6)よく行く場所は、お台場

「地元から友達がやって来たのでまた一緒にお台場へ。
行く度に変わっていて楽しい。」(2000年39号)

「お台場に行きました。建物等の造りが全部凝っているので
創造力が刺激され良いです」(2001年41号)


(7)1年を通して一番好きな時季は、クリスマス

「クリスマスは仕事です。
1年を通して一番好きな時季なのに…
まさか…うかつだった」(2001年3月4日)

「季節に関係なくクリスマスソングを流して仕事してます。
なんか意味もなくワクワク」(2001年45号)


(8)扇子を愛用されています

「暑い日が続きますねえ。
僕は愛用の扇子(右のカット参照)で何とかしのいでいます!」
(2000年33号)


(9)アキっぽいようです

「1周年!!アキッぽい僕がここまでがんばれたのは
読者のみなさんの応援があったからです。
これからも精進しますのでヨロシク」(2001年32号)


(10)虫歯が多い!?

「ついに歯医者へ!!2本あった痛い歯はどっちも親知らずで、
抜くだけでOK。いや~良かった~!!」(2004年20号)

「ついに歯医者が終わりました!
親知らずを2本抜く事になったけど、
やっと安心して食べれます。」(2004年22・23号)

「つめ物が取れたので歯医者に行ったら
虫歯が大量に見つかり治療が終わりません」
(2007年10号)


(11)最近、目が悪くなってきておられるようです

「最近、目が悪くなって原稿が見えづらくて困ります。
メガネを新調しようかと考え中。」(2001年27号)


(12)心霊ビデオとかが好き


8、矢吹健太朗先生の伝説
(1)同じ仕事場のアシスタントが
全員風邪でダウンするも
矢吹健太朗先生だけまるで平気!!

「アシスタントが風邪で仕事場が壊滅状態。
唯一の生き残りとしてドキドキしながら仕事してます。」
(2004年10号)


(2)仕事場では、1日2~3回しか席を立たない

昔仕事場のみんなで外を歩いている時
アシの一人に
「矢吹さん・・・歩くんだ」と言われる


(3)昔から教科書にのってる偉い人の写真に、
ラクガキばかりを・・・


(4)何も見ないで描いても完璧に模写

睡魔と戦うためにスタッフが全員で参加した企画が
「イマジネーション・イラスト・コンペ」
言わゆる見ないで描いて笑う企画
うろ覚えと仕事に影響が出ない程度の
手抜き感の力作で盛り上がるスタッフ
そして、矢吹先生(しんうち)・・・・

矢吹先生「たぶん こんな感じ
だったと思うんですが」

と言って、手渡したイラストは、
完璧に模写されたイラストらしく
その場にいたスタッフを凍りつかせる


(5)工作が得意(リメイクマスター?)

ある日 買ったばっかのお気に入りフィギュアを
スタイリッシュに動かしている時・・・
ベキッ
とフィギュアが壊れてしまう
それを聞いた矢吹健太朗先生は、

矢吹先生「その程度
このリメイクマスターに任せなさい!」

といって、壊れたフィギュアを直し、
さらに

矢吹健太朗先生「フフ・・・
もう投げても平気なくらい頑丈にしときましたよ」

と言われて、フィギュアを投げても
本当に壊れなかったとかいう・・・


9、矢吹健太朗先生の1週間の生活
(BLACK CATの制作中のときの1週間)

ブラックキャットは、ネームに1日半
原稿に3日半でやってます

のこりの二日は何してるかというと
大抵単行本とか

赤マルとか何かしらの仕事を
やってます

(1)1日目 金曜日
ファミレスにて編集担当と打ち合わせ
その週の大まかな内容を担当と話し合います

(2)2日目 土曜日
単行本作業
カバーイラスト・本編・加筆修正

(3)3日目 日曜日
ネーム
・・・のはずが話がまとまらなくて
リビングでゴロゴロ

(4)4日目 月曜日
午前中に
悩みつつもネームを仕上げて
担当にFAX
何とかOKをもらう

夕方からアシスタントさんが来る

(5)5日目 火曜日 6日目 水曜日
ひたすら原稿
睡眠は5・6時間
短くて3時間半
なるべく徹夜はしない

(6)7日目 木曜日
この日の深夜12時が限界締め切り
ひたすら飛ばす
午後11時頃に何とか仕上げて担当に渡す
そこから始発までアシスタントさんと
ナベやったりゲームやったりした後、
夕方まで爆睡
そして、1日目に戻る


と、ここまでが、矢吹健太朗先生の
1週間の生活ですが、
その後、原稿を編集さんがおそらくチェックしたりして
印刷屋さんのところに行き、印刷されて
火、水曜日には製本化され仕上がっているようです
そして各地に送られて、月曜日に販売されることになります


10、矢吹健太朗先生が漫画家になろうと思ったきっかけ

高校三年のとき、初めてペンで漫画を描いたんですよ。
その漫画を「天下一漫画賞」に投稿したら、特別賞に
選ばれました。
そのとき「あっ、いけるのかな?」と思ったのがきっかけです。
漫画賞に投稿したきっかけは、高校三年のとき進路に
迫られた際、自分の漫画を一度評価してもらってから
考えようと思ったからです。
それまで絵を描くのは大好きだったけれど、正直
漫画家になれるとは思っていませんでした。
本当に運が良かったと思っています。


11、矢吹健太朗先生が小さい頃、漫画以外になりたかった職業とは?

すごく小さい時ですけど、警察官になりたいと思っていた時期がありました。
でもそのときに親から
「警察官になるのは大変だよ~」と言われて、すぐに挫折した覚えがあります。


12、矢吹健太朗先生のお休みの過ごし方

少しでもまとまった時間がとれたときは
フィギュアやCD、本などの買い物に出かけます。
う~ん、そんなことしながら気分転換してる感じですかねー。
年に3回ある合弁号でお休みの時には、大好きなお台場で遊んだり、
新宿高層ビルの展望室にのぼって夜景を見たりします。
実は、僕、東京の夜景がすっごく好きなんですよ


13、矢吹健太朗先生の繊細で綺麗なカラーイラストを
仕上げるのにかかる時間

休憩をはさみながらやって、平均で2日ぐらいです。
時間がかかるのが構図です。
これを決めるのにいつも悩んでいます。
構図が決まってからの作業はわりと早いですよ。
ジャンプの漫画ばっかり読んで育ってきたので、
あまりイラストの勉強をしてこなかったんですよ。
だから一枚の絵というのは、実は苦手なんですよ。


<< 参照データ >>
この記事は以下のモノを参照しました

1、ブラックキャット
オフィシャルキャラクターBOOK
MATATABI(マタタビ)

2、BLACK CATのコミック

3、週刊少年ジャンプ

4、矢吹健太朗 - Wikipedia

5、JUMP MIX - 巻末コメント - 矢吹 健太朗
PR


















この記事へのトラックバック
Copyright(c) 2006-2008 ToLOVEる画像漫画 All Rights Reserved.
忍者ブログ*[PR]