忍者ブログ

金色の闇(イヴ)

ToLOVEる画像漫画

ToLOVEる とらぶる に関するあれこれです





×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




ToLOVEる とらぶるの金色の闇(イヴ)の
人物紹介をします
1、名前 :正式名称は不詳
コードネームは、金色の闇(こんじきのやみ)
容姿と能力は、ブラックキャットのイヴとそっくりである
ララは”ヤミちゃん”と呼んでいた(38話参照)
金色の闇も名前になんか興味ないと言っていた(38話参照)

2、年齢 :不詳(見た目は13歳くらい?)

3、性別 :女性

4、職業 :暗殺者
兼 私立彩南高校の1年生 (ダ2話~)

5、身体的特徴
(1)瞳の色 :赤紫(イヴと同じ)

(2)髪の色 :金色

(3)髪の毛 :
地面にまで届こうかという非常に長いロングヘア

6、ブラックキャットのオフィシャルキャラクターBOOKからの
イヴデータ (あくまでブラックキャットのイブのデータです)
(1)年齢:13歳(自称)
(2)血液型:AB型
(3)身長:144cm
(4)体重:36kg
(5)視力 左:1.5 右:1.5
(6)足の大きさ :20.5cm
(7)好きなもの :アイス・やさしい人
(8)嫌い(苦手)なもの :窓のない部屋・下品な人
(9)趣味 :読書・変身のトレーニング
(10)好みのタイプ :やさしくて硬派な人

7、その他の特徴、趣味など
(1)暗殺者
コードネームが金色の闇という
宇宙でもトップクラスに入る伝説の暗殺者
(35話参照)
依頼されればどんな人物だろうと始末するのが
金色の闇の仕事である(37話参照)

(2)変身能力(トランスのうりょく)
全身を自在に武器に変化させる能力の
変身能力(トランスのうりょく)を持っている
(35話参照)
能力を使いすぎると、発熱して身体能力が低下し
倒れ込んでしまう(45話参照)

また自分ではその能力を
「人を傷つける事しか使い道の無い呪われた力」
と思っている(76話参照)

(3)宇宙人
地球の人間ではなく宇宙人である

(4)敬語を使う

(5)ブラックキャットのイブとそっくり
容姿、能力ともにブラックキャットの
イヴとそっくり
ブラックキャットのイヴよりも若干胸が大きめで
スカートも非常にミニスカートをはいており
お色気度が激増している

(6)たった一人で生きてきた
一人で宇宙を生きてきたらしく
相当な苦労人らしい(37話参照)
生きるために仕方なく暗殺稼業をしてきたのかもしれない

(7)えっちぃのは嫌い
校長にパンツを見られそうになったとき、
金色の闇(イヴ)が言った言葉が
イヴ「えっちぃのは嫌いです!!」

(8)名前になんか興味ない
「名前になんか興味ないですし」
「(名前なんか)いいですよ なんでも」
と金色の闇は言っており、ララは金色の闇を
「ヤミちゃん」と呼んでいる

(9)ララが好き!?
敵であるヤミちゃんをララが助けて、
助けた理由を
ララ「ヤミちゃんみたいな
かわいい女の子にひどい事するなんて
許せないしっ!」
と、ララがヤミちゃんに言うと
金色の闇「かわ・・・いい?
私が・・・ですか?」
と、ヤミちゃんは、頬を朱に染めながら
照れていた

(10)リトを始末するまで地球に留まる
リトに宇宙に帰るように言われると
ララの方をチラと見て、頬を赤くさせながら
金色の闇「一度受けた仕事を途中で投げ出す
のは私の主義に反しますから
結城リト
あなたをこの手で始末するまで
私は地球に留まる事にします」
ということで、地球に留まることになった

(11)好物はたいやき?
好きな食べ物は、たいやきのようで
35話でリトにもらったたいやきがおいしかったのか
その後、39話でもたいやきをいくつか買って
食べていたようで、好きらしいララにもたいやきを
あげた

(12)読書好きで、スーパー速読術の持ち主
リト達の学校の図書館の本を読んでいたり
本屋の棚にある本100冊以上あるのを
わずか4時間で全部読むほど
読書好きで、ものすごい速読術を持ち合わせている

(13)読んでいた本

本の名前 登場話
「愛に生きる」
著者:阿晴忠
43
(1)米の研ぎ方
(2)火のおこし方
(3)ミジンコの村
(4)動物大全集
45
太木○○子の人生相談 49
日本昔話の「ぶんぶく茶釜」 52
(1)Mon・no
(2)mimi
(3)Venus
(4)nico
というファッション雑誌
「服飾の歴史」
61
「世界の!ボケとツッコミ」 70
若草物語 71


(14)よく彩南高校の図書室にいる(52話参照)
彩南高校の図書室によくいており
その理由は、学校なら標的であるリトの
そばにいられるからだ
当然のことながら読書好きだから図書室にいる

(15)昔話にはまっている(52話参照)
52話あたりでは、昔話にはまっていると言って
ぶんぶく茶釜の本を手に持っていた

(16)苦手なもの(53話より)
巨大なタコの足のような
ニュルニュルしたのが苦手

(17)初めて笑う(70話より)
リトのたった18点の数学のテストの点数を見て
「フッ」と、登場してから初めて笑った

(18)かつて御門先生にお世話になった(45話より)
以前大ケガをしたことをして、
御門先生の所に行ってお世話になったことがある

(19)全ての髪を剣にできる(72話より)
髪を全て上に舞い上がらせて、剣にして
攻撃するのがとっておきの技

(20)スキヤキに興味がある
スキヤキパーティに誘われるととっても
興味がありそうな反応を示した。

(21)主食はたいやき(76話参照)
美柑にいつも何を食べているのと聞かれて
「たいやき」と答えた
食べ物に特にこだわりはないらしい

(22)立ったまま寝る(77話参照)
寝ている時も警戒心を怠らずに立ったまま寝ている

(23)特A級賞金首
暗殺者だからか、誰かに莫大な賞金をかけられている

(24)トランスはナノマシンによるもの(126話)

(25)正体(149話)
ドクター・ティアーユの生体兵器

(26)クロと知り合い
同業者であるクロとは、以前戦ったことがある

(27)美柑とだけ友達
モモから友達になろうと言われて

「・・・別に友達募集はしていません。
友達なら美柑がいるので間に合ってます」

と言って断った。

(28)リトに惹かれてる。
「バカなヒトは・・・キライじゃないです・・・」
と笑顔でリトに言って、明確に敵対から友好な
姿勢を見せた。

だが、まだリトは始末するべきターゲットでもある。

(29)モモの楽園計画の要で狙われてる。
モモの楽園計画にとって
ヤミが重要な存在となっている。

リトに惹かれてる一方で、始末するべきターゲットでもある。
なので、ヤミがどちらに転ぶかが
モモの楽園計画の行く末を左右するとも言える重要な存在。

なので、モモはヤミがリトにメロメロになるように仕向けてる。
そうすればリトの身の安全は保証される。

(30)殺し屋としてのヤミへと戻そうとしてる人物がいる。
ヤミの過去を知る者が、地球で牙を抜かれたヤミを見て
目を覚まさせようとしてる。

(31)彩南高校に転入
美柑に「地球の文化もより深く勉強できると思うし
何より楽しいよきっと」と勧められて心が動き、

「生徒になれば結城リトを狙える機会も増えそうですし」
と思って彩南高校に転入するのを決意する。

リトに手料理を振る舞い、しかもたいやき入り味噌汁という
リト専用の特別料理を振舞って

リトから美味しかったかなという返事を聞いたのも
大きく影響していそうである。

(32)リトに手料理を振舞う
美柑との前々からの約束で結城家に泊まりにきた。
それで、美柑から地球の料理を教えてもらうことに。

美柑に教わる通り作ったら、とっても美味しく作れた。
が、リトにだけたいやき入り味噌汁という特製料理が用意した。

それでリトが自分の料理を食べる前から
食べた後までじ~と見つめていた。

実は気になっていたのだ。
リトのためだけに特別に用意したたいやき味噌汁が

美味しかったのかどうか。
ヤミなりに工夫したらしい。

それでリトから一応、美味しかったという評価を受けて
ポッと顔を赤くして喜んだ♪

つまり、自分でもこの気持ちが何であるのかわかりかねているが、
ヤミはリトにかなり惹かれているようだ。

8、金色の闇の裏話について(BY 矢吹先生)
(5巻86ページ参照)

(1)登場の理由
リトをいつも付け狙う殺し屋の女の子というのを
連載開始当初からやりたかった
それで、いろいろ安定してきた頃に登場させることとなった

(2)外見と能力
前作「ブラックキャット」のヒロイン:イヴを
リファイン(refine=改良、精錬)した
キャラにすることにした。
その理由は、前作ファンへのサプライズと
作品をまたいでキャラを矢吹先生が登場させたかったから

(3)性格
当初は、前作のイヴの要素が強かったが
新キャラとしていろいろ変更する
「えっちぃのはキライです」は矢吹先生が付け加えた

(4)お色気
前作では、パンチラ一つなかったイヴだったが
とらぶるに出てくる以上は、特別扱いはできないので、、
今後はお色気が増えていくとのこと

9、金色の闇(イヴ)について
ToLOVEる とらぶるの金色の闇(イヴ)は、
35話で初登場したブラックキャットの

イヴそっくりの非常にかわいい萌え美少女である
コードネームが金色の闇という

宇宙でもトップクラスに入る伝説の暗殺者で、
ブラックキャットのイヴと同じ能力である

変身能力(トランスのうりょく)を持っている
地球の人間ではなく宇宙人であり、

敬語を使用し、言葉使いは綺麗である
ブラックキャットのときよりも

胸が若干大きくなっているように思われ、
さらにスカートも非常に短くなっている

あまり感情を表さない感じで、
表情も無表情である

実は、一人で宇宙を生きてきたらしく
相当な苦労人で、

生きるために仕方なく
暗殺稼業をしてきたのかもしれない

そして、ガーマ星のラコスポに依頼されて
リトを抹殺しに地球にやってきた

その後、リトを見つけだし抹殺しようと
するも、からくも攻撃をリトがよけまくり、

ララとザスティンが助けにくるまで持ちこたえる
それで、デビルーク星NO1剣士こと

ザスティンと金色の闇が対決するも、
あえなくザスティンは電車にはねられて敗れ去る

今度はララが金色の闇と対決し、
新旧ヒロイン対決が実現した

対決結果は、途中で依頼主のラコスポが
登場し、中断

それで、ラコスポからの標的に関する情報が
デタラメであったことを依頼主に抗議すると、

ラコスポが逆切れし、
イロガーマという服だけ溶かす粘液を

飛ばす巨大カエルを登場させ、
金色の闇を攻撃した

それで、ラコスポとの対決中に、ララが助けてくれて、
ラコスポをララが素手でボコボコにし

はるか彼方へと吹き飛ばすと、
ララの強さに驚き、

自分をかわいい女の子と言ってくれたりして、
金色の闇は、ララを見て頬を染めてしまようになる

それで、結城リトを始末するまで
地球に留まると言って、地球にいることになった

なお、その対決中に、イブ似の金色の闇は、
ブラックキャットのときは、

鉄壁のガードにあって全く見せなかった
パンチラや、横乳などのお色気シーンを見せてくれた
PR


















この記事へのトラックバック
Copyright(c) 2006-2008 ToLOVEる画像漫画 All Rights Reserved.
忍者ブログ*[PR]