忍者ブログ

SQ11月号の矢吹先生のコメント

ToLOVEる画像漫画

ToLOVEる とらぶる に関するあれこれです





×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2010年10月4日発売のSQ11月号のの矢吹先生のコメントです。
ネタバレがあるので、本編を読んでから読んでください。
矢吹先生「今作はモモの計画を軸にSQならではの新しい
To LOVEるになります。ヨロシク!」

つまりモモちゃんの楽園(ハーレム)計画の遂行が
ダークネスの主目的で

その計画の鍵を握る存在が金色の闇ちゃんなので
自ずとヤミちゃんにモモちゃんが近づき

ヤミちゃんにスポットがあてられる作品になりそうです。
当然のことながら、楽園(ハーレム)計画の中心には

リトがいますが、実際に計画を遂行するのは、
モモちゃんという構図です♪


中心人物:リト
計画立案&実行:モモ
鍵を握る人物:金色の闇


実に上手く考えられた素晴らしい役回りですね♡
リトをあくまで中心におきながらも、

物語の進行役&主役となるのはモモちゃんにして
計画の鍵を握る人物としてヤミちゃんをクローズアップする。

何と言う上手くかつよく考え出されたアイデアだろうか!?
だからこそ、予告絵がリト、モモ、ヤミの3人だったんですね!!

完璧すぎるアイデアだなぁ~♪
さすが、矢吹神と長谷見神だと思ったりします♪
PR


















この記事へのトラックバック
Copyright(c) 2006-2008 ToLOVEる画像漫画 All Rights Reserved.
忍者ブログ*[PR]